相乗効果が生じるらしい « あの人の基礎化粧品

相乗効果が生じるらしい


フラーレンが高濃度で入っているほど化粧品ほど、肌への効果も良いようです。

化粧品原液も山盛り製品化されていますので、高濃度であるほど効果が大きいのであれば原液がベスト良さそうですね。

しかし、一般的に化粧品原液とはいっても原材料が粉末などのことも多いのが現状です。
それを薄める湿気やその他の種が含まれていることがあっても仕方がないかもしれません。
結果的にその濃度は、僅か枚数パーセンテージにしかならない小物も生じるということを覚えておきたいものです。

美の熟練たちが、化粧品トータルを選ぶ際に何より重視するのは、原液か何とかよりも普及性やその他の調合種によって、どんな相乗効果が生じるのかということでしょう。
なぜなら、それらのファクターがその効果を何倍、何十倍にもすることを知っているからです逆に原液だったとしても、その分子が大きいものの場合はどうでしょう。皮膚への普及キャパシティーが劣ることは明らかです。

また、フラーレン調合化粧品につけられるR.S.マークは、フラーレン濃度1パーセンテージ以上とされています。
フラーレンは1パーセンテージを超えると高濃度、5パーセンテージだと濃度が全国トップクラスなどといわれています。
フラーレンは1パーセンテージ以来あるのが優良との指摘がありますので、薄すぎても効果はあまり期待できないということですね。

フラーレン 化粧品