表情筋が弱って皮膚の張りをキープしきれなくなった時 « あの人の基礎化粧品

表情筋が弱って皮膚の張りをキープしきれなくなった時


顔のたるみの解消には表情筋のトレーニングが効果的

お肌の悩みに、皮膚のしわやたるみを挙げる人は多いですが、たるみの原因の一つである表情筋を筋トレが鍛え直すことで、

たるみ予防になります。実年齢より老いて見えてしまう原因に、顔の皮膚がたるんでいることが挙げられます。顔の皮膚は、表情筋で引っ張り上げられている状態です。年齢を重ねるにつれ筋肉は衰えるため、皮膚を支えきれなくなります。たとえば一人でいる時間が長い方は、しゃべることが少ないので、表情筋を動かす機会が少なくなる傾向があります。

顔の皮膚がたるむのは、表情筋が弱って皮膚をキープしきれなくなった時に、皮膚自体の重みで垂れ下がってしまうからです。表情筋の衰えを未然に防ぐために、こまめに表情筋を動かすトレーニングをして、皮膚のたるみを防ぎましょう。様々な手法で表情筋エクササイズをすることができますで、ベースになる行動は、表情を変えることです。

日頃、滅多に使わない表情筋を使って、色々な表情になってみるのが、いいトレーニングになります。口を開けたり、広げたり、目を大きくあけたり、眉毛を動かしてみたりと、思いつく限りの表情をつくることで表情筋の刺激になります。短時間で顔に疲れを感じたら、それは普段表情筋を使っていないというサインです。色々な表情をつくったり、顔全体をマッサージしたりと、自分だけの時間のときに、表情筋を刺激するといいでしょう。お肌の調子が良くなくて悩んでいるという人は、意識して表情筋を使うトレーニングをして、皮膚の引き締めを目指しましょう。

こちらの記事も合わせて読まれています▽

■ レイボーテグランデ 価格ドットコム