バリア機能と洗顔料の関係性 « あの人の基礎化粧品

バリア機能と洗顔料の関係性


肌のバリア機能とは、表皮の水分保持に役立っていますが、その中でも皮脂とセラミドの役割はとても大きなもので、

皮脂は分泌されることで表皮表面を油分で守り、

セラミドは肌内部の水分が蒸発しないように、表皮の角質層の隙間を接着剤のようにうめています。

 

空気が乾燥すると肌も乾燥しますが、その場合にお肌の水分が蒸発しないようにする為にバリア機能が役立つという訳です。

アトピー肌や、敏感肌、乾燥肌の人はこのバリア機能が弱まっている場合が多く、空気の乾燥の影響を受けやすくなっています。

こういった肌状態の方は、もともと皮脂の分泌が少なく、バリア機能も低下している傾向にありますので、洗顔で乾燥してしまうタイプのものを選択してしまう事は避けるべきです。

水分量の少ないお肌を更に洗顔で乾燥させてしまうと、抗体反応から乾燥性脂性肌(インナードライ)になってしまったりといった危険もあります。

バリア機能が低下しているのではないかという方は、乾燥させない洗顔
を選ぶことが重要です。