将来を見据えていこう « あの人の基礎化粧品

将来を見据えていこう


見て見ぬふりはできない性格なので、こういうことは早めに吐き出してしまおうかと思っています。

これは歳をとった自分から若い人へのメッセージになっているので、若い人が読んでほしいですね。

更年期真っただ中の腐女子は思うに、以来レベル(年齢)が上がるということに関して、まったくもって嬉々とした感情には到達しないってのがあるんです。

それを自らで実感するのは、やっぱり素顔で洗面台の鏡に映った自分自身の醜い顔を凝視したときです。

長年にわたる紫外線によるメラニン色素の暴発から引き起こされる黒々しいシミ、重さに耐えきれず見た目餅が垂れさがるようなたるみ、続いて肌のクラックみたいな密集したシワ、そいつらは完全に歳を取ることにより出現するエイジングというやつです。

その地獄絵図を見た私の気持ちは揺れ動かないとお思いですか。

だもんで年齢を重ねるたびにボディ&スキンケアはより綿密に、それでいて精巧にする必要があります。

洗顔するときはみかんを入れるような泡立てネットでしっかりと目が細かいメレンゲのような泡を作り出し、化粧品もドラッグストアにおいてるようなものではない海外セレブも愛用の美容成分がすごく入ったもの、さらに美容液は肌の内側の細胞の奥までジュワーッと浸透するようなものを使っています。

しわくちゃになっていく初老にはコスメしか頼るものがないんですよ。

それは苦しく、そして無慈悲な事実ってやつなんですよ。若々しいはつらつな女子にはこの残酷な将来がまだ見えないというのもかわいそうだね。

ほうれい線のためのオールインワン