たるみの原因は意外にもほうれい線に影響がある « あの人の基礎化粧品

たるみの原因は意外にもほうれい線に影響がある


来月いよいよ50歳の大台に乗ろうとしているわけですが、鏡を見るとつくづく老けたと感じてしまいます。

その原因はやっぱり目の際のシワやほうれい線が濃くなっていったことでしょうね。

シミとかもありますが、それはファンデーションとか普段のメイクでカバーできるので、さほど気にならないのですが、ほうれい線はメイクではなかなかカバーできないのでこまります。

で、ほうれい線はなぜできるのか調べてみると、じつはシワではなくて、たるみが原因なんですね。

ようするに頬がたるんでくることによって、ほうれい線、つまり折り目が目立ってくるというわけです。

たるみがほうれい線を折っちゃってるわけです。ということはたるみを解消すればある程度ほうれい線はなんとかなるんじゃないでしょうか。

たるみの原因は基本的には老化なんですが、もっと紐解いていくと、肌の乾燥というのがひとつあります。

肌の真皮層にはエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸など肌のハリやうるおいを維持する物質が作られているのですが、年齢を重ねるとそれがどんどん減っていきます。

肌のハリがなくなると、肌が突っ張る感じではなくなるので、重力に負けて垂れてくるわけですね。

だから一つは肌の潤いをしっかりと維持するために保湿成分がたっぷりはいった化粧品を使うということが大事でしょうね。

もうひとつの原因は筋力の衰えです。顔にも表情筋という筋肉がたくさんありますが、表情筋は年齢とともに衰えていきます。

表情筋も頬のハリをだすために重要な役割をしています。その表情筋が衰えると当たり前ですが、頬はたるんできます。

表情筋は化粧品などでなんとかなるものではないので、鍛えるしかありません。顔ヨガとか口を「あ」の形から「う」の形にする運動などを続けることによって、たるみを予防できます。

そこまでしてたるみを防がないと老化がどんどん進むっていうのはきついですね。年を取れば取るほど美容に関して手間が増えるというのはもう勘弁してほしいです。

コスパのいいプチプラ美白美容液